本文へスキップ

男性の肌とスキンケアについて

男のスキンケア講座

男性の肌は女性よりもデリケート


スキンケアというと女性ならではのものと考えがちですが、実は女性よりも男性の肌の方がダメージを受けています。
したがって、女性以上に男性の肌にはスキンケアが必要です。

まず、男性の肌は女性よりも水分量が3〜40%も少ないと言われています。
そのため肌質は乾燥しがちで、肌荒れや老化を引き起こしてしまうのです。

次に男性の肌は女性よりも皮脂を活発に分泌しています。
皮脂腺が男性の方が太いこともあり、手入れを怠っているとすぐに脂ぎった肌になってしまいます。
さらに皮脂を分泌した毛穴は開いているので汚れが詰まりやすく、ニキビや吹き出物の原因にもなります。

また、髭剃りが日課になっている男性は、肌の表面を日常的に痛めつけていることと同じです。
つまり、肌表面の角質も削ぎ落としており、ダメージに対する抵抗力も失っています。
髭剃りが習慣になっていない男性でも、髭の手入れなどでシェーバーを使えば肌ダメージの元となるのです。

このように、男性の肌を取り巻く環境は決して良いとは言えず、肌に余分な負担が掛かっている状態です。
荒れた肌でマイナスのイメージを持たれないためにも、男性でもスキンケアに取り組んでみましょう。

男性は紫外線ダメージが蓄積している


健康的に日焼けした肌が男性らしいという風潮があるせいか、男性でUVケアをしているのは少数派かと思います。
このことは紫外線のダメージを蓄積しており、肌の老化を早めている原因です。
対して女性の場合は、UVケアを行うことが一般的になっているため紫外線ダメージを防いでいます。

ひと昔前までは男性用化粧品が少なかったこともありUVケアも難しかったのですが、現在では様々な男性用UVケア化粧品が揃っています。

あまりにも色白では恥ずかしいかもしれませんが、紫外線ダメージが蓄積するとシワやシミを引き起こすだけではなく肌のたるみなど老化を早めてしまうのです。
したがって、健康的に日焼けしながら紫外線をカットできるUVケア用品を活用しましょう。

実際の年齢よりも若く見られる肌作りにも役立ちますので、UVケアは日常的に行うことをオススメします。

ニキビを治すための洗顔法


ニキビができると慌てて洗顔の回数を増やす男性が多いようです。
洗顔で皮膚を清潔にすればニキビが治ると考えられているようですが、実際は洗顔で清潔にしてもニキビが治るとは限りません。
むしろ、洗顔の回数を増やすことによって、ニキビ以外の肌に余計な負担を掛けてしまいます。

ニキビの有無に関わらず、洗顔は朝晩の二回で充分です。
洗顔の回数が増えると皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまい、かえって肌に悪影響を与えてしまいます。

もし洗顔でニキビを治すのであれば、消炎成分や抗菌作用のある洗顔料を選びましょう。
専門的なケア用品ではなくても、スーパーなどで売っているニキビ用洗顔料で充分です。
ただし、若い世代向けのニキビ洗顔料は洗浄力が強いため、大人の皮膚に必要な皮脂まで落としてしまいます。
そのため世代に合ったニキビ洗顔料を選んでください。

また、洗顔を終えた後にしっかりと保湿することが重要です。
ニキビ洗顔料は普通の洗顔料よりも洗浄力が強めなので、皮脂と潤いが洗い流された状態です。
したがって、洗顔後の肌には化粧水でしっかりと保湿をして潤いを与えましょう。

洗顔だけでニキビを治すことも充分可能ですが、アイテム選びと保湿作業が必要です。
肌への負担が少なく抗菌作用のある洗顔料を選んで、洗顔後はしっかりと保湿するようにしてください。

美容液でニキビ対策


目立つ部分にニキビができてしまった時は、一刻も早く治したいところです。
そこで、美容液を使った集中ケアをオススメします。

ニキビ治療専用の美容液を塗り込めば、洗顔よりも早くニキビを治すことができます。
便利なのがロールオンタイプのニキビ用美容液です。
手で触れずに直接ニキビに美容液を塗りこめるので、汚れや雑菌がニキビに入るおそれがありません。
外出先でも衛生的に使えますので、こまめに美容液を塗って早く治したい人に最適です。

家でニキビ美容液を使うのであれば、洗顔後に塗るようにしましょう。
清潔な肌に塗るので、より高い効果を得られます。
その際には手も清潔に洗っておいて、ニキビに雑菌が入らないように気をつけてください。
夜寝る前に、ニキビ美容液を沁み込ませた絆創膏をニキビ部分に貼るのも有効です。
この方法であれば寝ている間に美容液がニキビに浸透して、効率的にニキビを治せます。

目立つニキビは男性にとっても悩みの種ですから、美容液を使って素早く治療することをオススメします。