本文へスキップ

男性の肌とスキンケアについて

保湿ケアを取り入れてみる

保湿はスキンケアの基本


男性に限らず潤いを失った肌は見た目が良くないだけではなく、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。
さらに乾燥が引き起こすニキビやくすみのおそれもあるため、常に皮膚には瑞々しい潤いを保っておくべきです。

そこで、スキンケアの第一歩として保湿ケアを行いましょう。
保湿ケアは潤いを皮膚に与えるだけではなく、肌表面の水分と脂分のバランスを整えることにも役立ちます。
特に洗顔後など肌から水分と脂分が失われた状態では、保湿ケアが欠かせません。

保湿ケアに使用するのは化粧水です。
化粧水の選び方は自由ですが、保湿成分の多いタイプが効果的です。
ただし価格との兼ね合いもありますので、毎日ふんだんに使える価格帯のものを選びましょう。

化粧水の塗り方は手にとって、乾燥しがちなUゾーンから沁み込ませていきます。
イメージとしては顔の周辺から中央部に向けて塗っていく感じで、ムラなく塗ることを心がけましょう。
塗る際には顔を擦らずに、指のお腹で押さえるようにして化粧水を塗ってください。

もし手で化粧水を塗るのが苦手であれば、スプレータイプの化粧水を直接顔に吹きかけても構いません。
化粧水の霧が顔全体に掛かるように、少し離れた位置から何度か吹きかけましょう。

乾燥がひどい場合には、コットンに化粧水を湿らせて肌に浸透させるとより効果的です。
ただし、女性とは違い男性は髭が生えているので、コットンが髭に引っかからないように気をつけましょう。
また、コットンで肌を叩いてしまうと肌に負担が掛かってしまいます。
男性だと力を入れてしまいがちなので、コットンを使用する際は力加減に気をつけて優しく肌に化粧水を沁み込ませてください。

化粧水を使った保湿は、スキンケアの基礎とも言えます。
肌に必要な水分を充分に与えて、肌トラブルを予防しましょう。

化粧水の効果をカバーする保湿ジェル


化粧水で肌に潤いを与えても、乾燥したままの肌ではすぐに水分が逃げてしまいます。
正常な状態であれば肌に分泌される皮脂がバリアの役割を果たして水分を閉じ込めるのですが、乾燥肌では皮脂の分泌が不足して水分を保持することができません。
そのため、せっかく化粧水で保湿ケアをしても、乾燥肌では効果が半減です。

このような乾燥肌でも充分な保湿効果を得られるのが、保湿ジェルです。
保湿ジェルは化粧水が浸透した肌に塗るケアアイテムで、皮脂の代わりとなります。
つまり、皮膚に浸透した水分に蓋をすることと同じです。

保湿ジェルには肌の皮脂分泌を整える成分が含まれているものもあり、余分な皮脂が分泌されてベタつくことがありません。
また、肌に弾力を取り戻す効果の保湿ジェルもありますので、寝る前のナイトキャップとしても最適です。

化粧水の保湿ケアだけでは肌の乾燥が気になる場合には、保湿ジェルも並行して使用してみましょう。