本文へスキップ

男性の肌とスキンケアについて

皮脂量のコントロールでニキビ予防

自分の肌質を理解して正しくスキンケア


男性の肌質は脂っぽいという先入観がありますが、必ずしも脂性肌とは限りません。
自分の肌質をしっかりと確認してから、正しいスキンケア方法を取り入れるべきです。

まず、Tゾーンを中心に脂っぽさがあり毛穴に黒ずみが目立つようであれば、脂性肌に当てはまります。
男性ならではの皮脂分泌量が多く、脂っぽい肌質を引き起こしています。
皮脂分泌が多いので肌の潤いは充分に感じられますが、これは表面を皮脂が覆っているだけです。
つまり、皮膚の内部は水分が不足している可能性がありますので、しっかりと保湿ケアを行いましょう。
逆に洗顔などで皮脂を落としすぎると、余計に皮脂が分泌されるようになってニキビの原因になってしまいます。

肌の脂っぽさが無く、つっぱったような感じがするのは乾燥肌です。
冬の寒さで乾燥が進むと、肌表面に粉を吹いたようなトラブルを起こす可能性もあります。
脂性肌とは異なり毛穴の開きは目立ちませんが、肌の乾燥は老化やシワの原因となりかねません。
そのため、保湿ケアだけではなく、肌バリアとなる脂分の補給もしっかりと行いましょう。

Tゾーンは脂っぽいのに他の部分は乾燥している場合は混合肌です。
混合肌は脂性肌と乾燥肌の両方のリスクを抱えています。
部分ごとに肌荒れやニキビの原因が異なるため、肌質に合わせたケアが必要です。
また、洗顔方法もTゾーンではしっかりと汚れと皮脂を落とし、他の部分は軽く流す程度に留めるなど工夫してください。
アフターケアでは、乾燥した部分に化粧水だけではく乳液で脂分を補給しましょう。

自分がどの肌質に当てはまっているのかチェックして、最適なケア方法を取り入れてください。

肌質の変化を感じたら


男性の肌は様々なキッカケで変化してしまいます。
特に季節の変わり目は肌荒れしやすく、普段のスキンケアでは充分対処できないこともあります。
そのような場合には、自分の肌質がどのように変化しているのかじっくり観察してみましょう。

また、混合肌で乾燥肌と脂性肌の差が激しくなった場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。
男性もホルモンバランスが乱れると肌質が変化して、肌トラブルとなって現れてしまいます。
ホルモンバランスはストレスや生活習慣の乱れで崩れてしまうので、改善できる点があれば見直してみましょう。

睡眠不足が続いている時も、肌質が変化しやすいと言われています。
普段よりも皮脂の分泌量が多い時などは、体調が健康に保たれていないおそれがあります。
睡眠時間だけではなく、規則正しい食生活を送って体調を整えてください。

男性の肌質は女性以上にデリケートで、トラブルに見舞われやすい傾向にあります。
普段の肌質とは違う異常を感じたら、生活習慣を見直してください。