本文へスキップ

男性の肌とスキンケアについて

紫外線対策も忘れずに

紫外線は一年中肌にダメージを与えている


女性と異なり男性は紫外線対策に積極的ではありません。
日焼けしている方が男性らしいという考え方が根付いているだけではなく、男性の肌は女性よりも強いという誤った認識があるためです。
しかし、男性の肌も女性同様に紫外線によるダメージを受けています。
日頃から化粧品やUVケア用品で紫外線対策をしている女性に比べて、男性の方が紫外線から受ける影響は大きいと言えるでしょう。

また、日差しの強い夏だけ紫外線対策をすれば充分と考える男性も多いようです。
一番紫外線が強くなるのは夏ですが、他の季節も紫外線は肌にダメージを与えています。
そのため、一年通じた紫外線対策が必要です。

最近では男性用のUVケア用品も発売されており、用途に応じて使い分けることができます。
夏や屋外用のSPF値とPA値が高いものから、秋冬用のSPF値とPA値が低いものまで揃っています。
季節に応じたUVケア用品を使うことによって、紫外線を遮断しながら肌ダメージを防げます。

普段室内で仕事をする人でも、窓際では紫外線の影響を受けますのでUVケアをしておくと良いでしょう。
特に車に乗る時間が長い人は、車の窓にUVカットフィルムを貼るなどの工夫が必要です。

紫外線のダメージが肌に溜まると、老化やシミの原因になってしまいます。
いつまでも若々しい肌を保つためにも、日頃の紫外線対策を心がけてください。

UVクリームの使い方


UVクリームは顔などの目立つ部分に塗るだけでは不十分です。
露出している肌は全て紫外線の危険に晒されていますので、なるべく均等に塗っておくようにしましょう。

忘れがちな部分としては、顎の下や首周りです。
顔に塗るだけではなく、頭全体に塗り忘れが無いか確認してください。
また、腕や足など露出している部分があれば、しっかりとUVクリームを塗っておくことが必要です。

UVクリームは重ね塗りせずに、一度に均等に塗りこみましょう。
コツとしては手のひらにUVクリームを広げてから、塗りたい場所へ全体的に伸ばしていく感じです。
すみずみまでUVクリームが行き渡るのが理想ですが、あまり神経質に塗りこむ必要はありません。
手のひらに伸ばしたUVクリームが塗った部分で広がる感触があれば、紫外線を充分に遮断することができます。

普段からUVクリームを使うクセをつけておけば、有効な紫外線対策となります。
夏だけではなく、一年中UVクリームを塗る習慣を身につけておきましょう。